植物性乳酸菌の健康効果とは

植物性乳酸菌の健康効果とは

本来は「植物乳酸菌」と呼んでも「植物系乳酸菌」と呼んでもかまわないのですが、画期的な乳酸菌食品のキャッチコピーで「植物性乳酸菌」という呼称が一般に広く受け入れられています。

従来、ヨーグルトなどで動物性乳酸菌に広く親しんできた日本人にとっても、「植物性乳酸菌」と言う言葉には刷新する様な響きがありますね。

これらの乳酸菌は、胃酸によって死滅せずに消化管に届いて最大限の効果を発揮するとして注目されています。

腸管内で乳酸など有益な物質を合成し有害菌を減少させるので、免疫機能の調整・向上が期待できます。

同じラクトバチルス属の菌でも、乳から乳酸を合成する「ラクトバチルス・ヘルベティカス」などは、植物から乳酸を合成する「ラクトバチルス・ブレビス」や「ラクトバチルス・プランタラム」などと違って、遺伝情報が少ない事が分かっています。

遺伝情報が多い植物性乳酸菌は必要とする栄養素を自力で作り出せるが、遺伝情報が少ない動物性乳酸菌は多種類の栄養素がある環境でしか生きられないと考えられるのです。

プロバイオティクスとしての乳酸菌

プロバイオティクス(Probiotics)は20世紀の末にイギリスで提唱され始めました。

プロバイオティクスとは、「腸内常在微生物叢」(腸内フローラ)と呼ばれる腸内菌の群集に働きかける等、人体に良い影響をもたらす微生物あるいは微生物を含む食品のことです。

抗生物質(antibiotics)の害を批判的とらえた造語でアンティバイオティクスに対比したものです。

腸内に常在する微生物叢は人の免疫機能に大きく影響するので、腸内フローラの状態が改善されると例えばアレルギー性疾患も改善されます。

植物性乳酸菌の効能

アレルギーの原因の一つには免疫機能が過剰に働く事があるとされ、花粉症やアトピーを患う人が乳酸菌を摂取すると良いと言われるのはその為です。

植物性乳酸菌は生きた状態で腸まで到達するので腸内菌に良い影響をもたらしやすいと考えられるのです。

動物性乳酸菌の10倍もの腸内生存率があるとされる植物性乳酸菌はもちろん、動物性乳酸菌にも胃酸に強く生きて腸まで届くものは多数あり、ラクトバチルス・ガセリの一種は胃潰瘍や胃がんの原因となるピロリ菌に対し抗菌作用があります。